わっしょい通信 vol.3

年末恒例の「児童養護施設への慰問」がコロナ禍が原因で中止となりました。
(去年の訪問様子)
なので今回は11月29日のイベントで集まったお金で車一杯のお菓子を購入して【田島堂園】さんへ届けました。

「慰問の意義」
世間ではかなり虐待に敏感になり、相談件数が年々増えています。
しかも今年はコロナの為、自宅での仕事も増えたことが原因なのか相談件数が鰻登りとなっています。
施設に入った子は安全ですが、まだまだ今この時にも虐待を受けている子供がいます。

特に最近は暴力的な虐待よりも「ネグレクト(育児放棄)」が凄く増えています。
このネグレクトは子供に対してかなり精神的に追い込むそうで心の傷が治りにくく、施設でも心のケアに苦労されています。

年々施設の子が年末にさえ家に帰れない子供が増えているそうです。

幸せな国になればなるほど人間の心に隙間が出来る。

また施設を卒園してその子がまた子供をそのように虐待してしまう負の連鎖も起きています。
これは自炊が出来ず食事が疎かになり、仕事を休みがちになり辞めていく。
辞めて元園の出身者の下に行き乱れた生活が始まりまた妊娠する等…

私達飲食店を経営する人たちがその現実を知ってもらう事で少しでも何か出来るかもしれません。
虐待が無くなることはありません。
でも何かをしないと不幸なことがまた起きます。

私達は活動を通じて何か少しでも改善されればとこれからも続けていきます。

子供たちの笑顔を無くしてはいけません。

わっしょいグループは未来ある子供たちのために今後も活動を続けていきます!!

2 コメント

春木智仁

あけましておめでとうございます。
はじめまして、春木と申します。
いつも寺田町で美味しくいただいています。
児童養護施設へ慰問されていらっしゃるのを拝見し、
心が温かくなりました。
私も二度ほどご訪問をさせていただきましたが、
子どもたちにとっては、本当に厳しい現実だと思います。
機会がありましたら、慰問を始められたきっかけなど、
またお話しを聞かせてください。
今年も美味しいラーメンをいただきに行きます。
よろしくお願いいたします。

返信
西原忠宗

いつもご来店ありがとうございます。
返信が遅くなり申し訳ございません。
今後も慰問について更新をしていきます。
今後ともよろしくお願いします。

返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA